カナシブリン

主にシンデレラガールズについて思った事をつづっていきます

シンデレラ5thライブツアー 北東エリア 宮城公演 感想 キャスト編

2日続けてLVでの参加となりました宮城公演。2日間見て感じたことをキャスト編と演出編に分けて書いていこうと思います。こちらではキャストさんのことについて書いていきます。

 

 今回書き始めるにあたって、まず最初にこの人のことを書かないと始まらないなと思います。シンデレラガールズ初めてのライブツアー、その先陣を切る宮城公演において、センターとして全員を引っ張っていました。最後のMCで出た「座長」という言葉もしっくりきます。実際はリーダーが厳密には決まっていなかったようですけどね。

 昨年初めてはっしーがいなかったSSA公演では持ち回り式だったセンター、出演者の中には、れいちゃまさん含めライブ出演の回数が豊富なメンバーも揃い、今回も持ち回り式でやるのかなと思っていました。その認識はOPとShine!!を見た時点で吹っ飛びます。その笑顔とパフォーマンスはセンターとして全く申し分の無いものでした。メンバーへの声かけや気遣いの話を聞いていても、その説得力はさらに増します。最後の涙は、その場所への思いが伝わってきました。すごいなぁって、そんな感想しか浮かびません。

 曲についてはもう1つの記事の方で少し触れますが、2つの初披露もホント良かったです。私も現地でビーム食らいたい。

 

 れいちゃまさんと並んで初期からライブやイベントへ参加してきたゆきんこさん。今回はれいちゃまさん同様にユニットとソロでそれぞれ新曲を披露。MCであんきらの最後で抱き着かれて良い返しができなかったといっていましたが、あの時の反応はまさに杏そのものだったと思います。

 他に印象に残ったMCは衣装について。ショートパンツ組がまた減った、と嘆いていましたね。その他ズバズバと切り込んでいくところはいつものゆきんこさんらしさにあふれていました。

 

 今回は「cherry*merry*cherry」が初披露。この曲はCDの試聴が公開された時からライブで披露されるのが楽しみでしょうがない曲でした。歌っているその姿は本当にキレイで、その天使の様な智絵里の歌声に魅了されました。最後の自分を指さすところも最高です。

 前半3公演のパンフレットのインタビューでは、智絵里への思いを語っている部分から、その思いが本当に深いなと思います。このパンフレットのインタビューは、おそらく昨年のライブ後のあいさつで語ろうとして、持ち越してデレパでも語られなかったものだと思われます。もし、昨年の4thSSA振り返りニコ生を覚えている方は是非読んでみてください。

 

 相変わらずウサミンです。今回は代名詞ともいえる「メルヘンデビュー」がさらに先へ向かった「メルヘン∞メタモルフォーゼ」が初披露。やっぱりミンミンミンコールは楽しいですね。こちらからパワーを送っているような感覚になりました。実際はこちらが活力をもらってるんですけどね。

 ツボだったのは変身バンク中の表情。ホント何ともいえない表情で待機していました。でも実際変身バンク中のヒロインってあんな表情だよなぁとも思います。

 

 ソロ名義で活動していることもあって、その表現力の高さを感じるステージでしたね。初披露の「たくさん!」ではかわいいアーニャを、「Nocturne」ではそのクールさを存分に見せつけました。特に「Nocturne」はデレステでのイベント開始前にアーニャの参加を予想している人がいたのも頷ける仕上がりです。

 そんなクールでキュートなアーニャを見せた一方で、MCではマイクスタンドで遊んだり、ロシア語講座を始めたりと自由にやってましたね。次に登場するSSAでは「Nothing but you」にも期待がかかります。私はまだ「You're stars shine on me」をライブで見たことが無いので、こちらもいつか見られることを期待しています。

 

 4thではシークレットでの参加となりましたが、今回はこの宮城とSSAとに出演が予告されていた東山さん。3rd以来の「Angel Breez」に、3年連続で歌っている「Nocturne」、そして初披露「サマカニ!!」と大活躍だったと思います。「Angel Breez」の煽りは貫禄を感じましたし、こちらも合わせるのが楽しかったです。

 「サマカニ!!」は、川島さんにこの曲を歌わせてあげられるのがうれしかったらしく、特に力が入っていたように思います。本当に楽しそうでした。終演後に「おつかれサマカニ!!」と言ってカニのお菓子を配って回っていたらしいのは笑いました。初日MCでの牛タン弁当の話やお昼寝といい、どこか面白いですよね。

 

 かなり数の多くなったシンデレラガールズのキャストですけど、その中でトップクラスにキャラとの親和性が高いと思っています。今回もその魅力がいっぱい詰まっていました。

 やっぱり凄いのは「ミラクルテレパシー」のキレッキレっぷりですね。ポイントごとに表情がコロコロ変わります。セリフが入るところやサイキックを発動するところは毎回必見だと思っています。ラスト前はライブならではのアレンジもありますし、感謝の言葉を言ってくれる時はユッコって本当にいい子なんだろうなと思います。

 「Flip Flop」はオリメンではないですし、イベントでも歌っていませんが、2年連続での参加。不思議な縁だなと思います。去年は先頭で1人だけ頭1つ小さい姿が印象に残っています。

 

 チヨチャン!

 一応ちょこたんと呼ぶようにしてますけど、日に日に上の呼び方が私の中で定着していきます。今回はソロ曲の披露はありませんでしたが、「Lunatic Show」の他、「∀NSWER」にも参加。さらに2日目はブラッディゾンビーズのピッチャーとしてユッキと対戦。ここで打たれてしゃがんでいじけるちょこたんマジかわいい。円盤化されたらここだけのために買ってしまうくらい。何度もリピートしたい。

 まだフルでの歌詞をきっちり把握している訳ではありませんが、小梅、ありす、美鈴ちゃんが参加した「∀NSWER」と「Lunatic Show」はテーマに近いものがあるんだろうなと思います。だからこそのメンバー選出でしょう。また、2日目は去年に続いて「Lunatic Show」の前に、ヒャッハーしようと言っていました。大阪では遂に2人が揃ったこの曲を聴けるかもしれないと思うと、本当に楽しみです。

 

 私や他の方々も期待していたであろう「in fact」の披露はありませんでした。しかし、2日とも彼女が言っていたように、ありすのクールな一面「クール・タチバナ」を存分に発揮したのではないでしょうか。私としては、「in fact」を歌っているありすも十分クールだと思いますが、おそらくありすは自分の心情を吐露するのはクールではないと思っていることでしょう。次に登場の幕張で披露されることを期待していますが、出演者を見るとこちらもセトリに組み込めないんじゃないかもという不安もあります。

 「∀NSWER」「Lunatic Show」は小梅ちゃん同様に曲のテーマを考えると、ありすの選出は納得のものでした。ありすも自分の中で抑圧したものを抱えていますし、周囲との付き合い方もあまり上手な方ではなかったでしょう。この2曲を歌っている時は、クールな曲を歌える喜びを差し引いても、とてもイキイキしているように見えました。

 そんな中で今回何よりも嬉しかったのは「Nation Blue」でセンターを務めたことです。クールを代表する曲で、一番目立つ位置に立てたのは大きな進歩です。いつかは全体のセンターにまでいけたらいいなと思います。

 また、今回みーなさんは歌った全ての曲でちょこたんと一緒になりました。小梅ちゃんとありすの歌声の相性が良かったので、いつかこの2人のユニットによる曲も聞いてみたいですね。今のところこの2人の絡みはTBSの劇場くらいでしょうか。しばらくは難しいかも。

 

 4thに続いて登場のぽよさん。一番印象に残っているのは「キラッ!満開スマイル」での笑顔ですね。歌詞の「フジヤマ・ニンジャ・アイドル」のところでニパッと笑うんですよ。2日ともあそこはとても印象的でした。

 ミラクルテレパシーでは2日目に投げキッスを披露。本人も言っていたように、2日目はユッコにいくと思いますよね。ここもキュートでした。

 

 今回ライブに初出演。LVで「Flip Flop」を聞いた時は結構衝撃を受けました。何が凄いって、完全に雫の声なんですよね。あの曲の中で雫が持つのんびり感がきっちり表現されていました。ゲーム内でソロパートを聞くだけではわからない良さがあります。

 「純情Midnight伝説」では、どちらの日だったか忘れましたが、きわどいラインを攻め抜いてくれて会場から歓声が。こちらもなかなか似合っていました。

 

 こちらもライブ初登場となる伊達さん。なんだかすごくフワフワしてるなという印象を受けました。初日最初のMCでは伊達政宗に被せてしゃべったのにかき消され、オレサファの煽りも曲で私はちょっと聞こえづらかったですが、難波ちゃんらしさを出そうとしているのは強く感じました。初日のたこ焼きを見た影響で、2日目のLVの前はたこ焼きを食べていきました。熱くておいしかったです。本当なら牛タンを食べたかったんですけどね…。

 

 3人目の初参加の朝井さん。出演が発表されたのが他の人より遅かった影響もあり、担当の初ステージに駆けつけられなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 今回朝井さんの目玉となったのはやはり「∀NSWER」でしょう。ここでは他の曲では付けていなかった眼帯を付けての登場。衣装で付けていたツノも含めて、とても美鈴ちゃんらしかったと思います。キャストが伏せられた状態で声を聞いた時からピッタリ感はすごかったですし、これからもどんどん美鈴ちゃんを自分のものにして、そして美鈴ちゃんのさらなる活躍を彩ってくれるでしょう。

 

 今回のライブで一番印象に残ったという方も多いのではないでしょうか。それも当然なくらい圧巻のパフォーマンスでした。

 ソロ初披露となった「One Life」。伸びやかな歌声と情熱を感じる歌い方、あの日生で見られた人たちをうらやましいと思いました。きっとBDで見てもあの感動の追体験は難しいと思います。千菅さんも言っていたように、ライブでこそ完成される曲かもしれません。

 「純情Midnight伝説」では本来中央にいる拓海の代わりにセンターに入り、ゴキゲンなメンバーを紹介しました。ここでも存在感がありましたね。

 

 ある程度順番には意味を持たせて書いてきました。最初がれいちゃまさんなら、最後はこの人だと思います。今回初の地元凱旋ライブとなったまっこさん。ステージでも相変わらずの元気さとMCの上手さを見せてくれました。

 「気持ちいいよね一等賞」は毎年恒例となった野球対決にミラクルマガレーズのユッコとブラッディゾンビーズの小梅ちゃんが登場。この対決はアイドルの数だけ作れそうですね。ここで申し訳なかったのですが、2日目は私も「あと一球」コールの方をしていました。ユッキが抑えられるところをちょっと見てみたかったですし、なによりちょこたん可愛かったし…。MCでの指摘があるまで気付きませんでした。本当にごめんなさい。次はホームランコールします。

 以外だったのが2日目最後のMCでの涙。この人がああやって涙を流すとは思いませんでした。あそこで本人が語っていた道半ばというのも本音でしょうし、まだまだ目指す所は先にあるのでしょう。その中で、これからもシンデレラガールズに関わり、ユッキの声を担当し続けてくれたら嬉しいなと思います。

 

 今回のユッキとまっこさんに関しては、デレステの限定SSRがかなり意味を持っていたのではないかなと思ってしまいます。特訓前は新幹線に乗り込む前の様子。ここは東北へ行く様子ということでわかりやすかったですね。特訓後はガイドさんの衣装。最初は特に何も意識していなかったのですが、あのライブを見た後だとちょっと見方が変わりました。

 あのガイドの衣装は5thライブツアー開幕の地の宮城へと誘うまっこさんのことを意識していたのかなと思います。MCでは宮城のことについてたくさんのことを語ってトークを引っ張っており、れいちゃまさんとは違う意味でこのライブを引っ張っていました。

 ただの深読みだとは思いますが、あの2日間が終わった後はこんな考えが頭に浮かぶようになりました。石川出身の洲崎さんもやはり特別な思いを感じているかもしれません。

 

 

 

 長~くなりましたが、ひとまずこれでキャスト編を締めくくります。この2日間はキャスト全員が揃ってこそできたライブだと思います。月並みな感想ではありますが、これが一番素直な感想です。

 さて、これから演出編を書きます。こちらほどは長くなりません。何としても石川公演までに書き上げないと…。