カナシブリン

主にシンデレラガールズについて思った事をつづっていきます

黒埼ちとせの誕生日を祝いたい @2020

本日、11月10日は黒埼ちとせさんのお誕生日です。

おめでとうございます!

 

こちら、本年のバースデーカードです。

 

 

バースデーカードに採用したのは、[千年の誓約]特訓後です。

この支配的な姿が、とても"アイドル:黒埼ちとせ"らしいなと思います。

アイドルらしい姿ではありつつ、魔法がかけられていることを示すガラスの靴を両手に持ち、裸足でいるところも面白いですね。

そして固有衣装である紅いドレスの似合うこと似合うこと。

鮮血のようなこのドレスの色は、私がとっても好きな色で、彼女に似合うことが約束された色だと思います。

今回も含めて、これまでに着た2着は暖色の印象が強いものでしたので、今後の衣装では純白、あるいは淡い色で、儚さを表現した衣装を見てみたいなと思います。

 

 

さて、ちとせの誕生日にあたって何を書こうかと考えていたのですが、それを考えている中で、最近の私とちとせに共通点があることに気付きました。

それは、自分の立場の変化が、自らの生き方に及ぼした影響です。

私事について割くスペースになることを先に断っておきますが、私は半年くらい前まで、ただ漠然と生きて、そのまま終わっていくのだろうと思っていました。

それが今年の前半から、具体的な"何か"を残していくことへの現実性が高まり、それまでに自分が考えてきたことを覆す生き方を模索するようになりました。

それは私が既に諦めていたものであり、自分にその道が残されている可能性を、自分自身がどこかで排除していたのだと思います。

 

ちとせの場合、プロデューサー――魔法使いさんと出会うまで、自分の最も大切な誰かがこの先幸せになれるように、心を砕いてきたと思います。

それが魔法使いさんとの出会いにより、その目的に一定の道筋が見え、加えて自分自身の先に続く道があることを自覚しました。

それはおそらく彼女がどこかで諦めていたもので、願っても手に入らないものである様に感じていたのではないかと、私は思っています。

 

捉え方の変化で、世界は変わる。

陳腐にさえ思える言葉かもしれませんが、よく言われる言葉には、言われる回数を裏付けるだけの根拠や実話があるものです。

黒埼ちとせはアイドルになったことで、自分自身の姿によって誰かの中に何かを残せることに、改めて気付けたのだと思います。

ちょっと結び付け方に私の願望的な解釈が含まれていますが、このような考えをめぐらせたことにより、私にとっての黒埼ちとせが今まで以上に親しみを感じる存在になりました。

 

 

ここまではちょっと回りくどい話をしたので、ストレートに彼女の好きなところを書きたいと思います。

まず感情表現豊かなところです。

楽しいことは楽しい、素晴らしいことは素晴らしいとストレートに言う彼女は結構表情がコロコロ変わります。

個人的に好きなのはこの表情。

 
f:id:Mister-P:20201110200344j:image

 

屈託の無い笑顔ですよね。

こちらも自然の笑顔にしてくれます。

反対にむくれた顔や、どこか悟ったような表情など、自分の感情の変化を表情と一緒に自然と見せてくれるのが嬉しいところです。

 

表情とも関係するところですが、プロデューサーと2人でいる時の空気感もすごく好きですね。

千夜ちゃんといる時とはまた別の安心感を持って接してくれているのではないかなと思っています。それがとても心地よい。

あくまで私は画面のこちら側の存在ですが、そんな関係を保っていける人間でありたいと思います。

 

 

ざっくりとした内容を書いてきましたが、個人的な彼女に誕生日に合わせて何かをしたいという欲求は満たされました。

お昼間は赤ワインを飲みつつコミュを見返すことができましたし、とても幸せな一日となりました。

ちとせの誕生日に何をしようかとは少し前から考えていたのですが、なんとなーくしっくりくるのが赤ワインでした。

前日に、加えてルーマニア産の赤ワインを入手できないかとも思ったのですが、そちらは流石に急すぎて手に入りませんでした。これは来年以降に持ち越します。

 

 

最後になりますが、これからの一年が、黒埼ちとせさんにとってより良いモノであらんことを願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談。

スクショはメモリアルコミュ1にて撮影したもので、「あはっ」と言ってくれる時に魅せる表情です。

メモリアルコミュ1では「あはっ」だけで終わるセリフがなく、話している最中に表情が切り替わってしまうため。撮影に若干手間取りました。

ここまで余談らしい余談も私にしては珍しいかも。

大概の余談は、書きたかったけど本編でくっつけられなかったものをなんとかねじ込もうとしたスペースですから。

文章を書く感覚を忘れそう

久しぶりにブログを書く時、本題前の肩慣らし的なことをしないと落ち着かないのですが、毎度毎度その肩慣らしとなる記事のタイトルを考えることに頭をフル回転させています。

しょーもないことに使うんじゃない。

 

どーも、ご無沙汰しておりましたmr@pです。

約3ヶ月ぶりくらいのブログですかね。

Twitterで呟く回数もそこまで多いタイプではない(記事を上げるついでのツイートは多かった)ので、ネット上ではかなーり静かな生活になっています。

 

 

この3ヶ月の間にデレステは5周年を迎え、シンデレラガールズの9周年も目前に迫ってきました。

昨年11月といえば、7thの名古屋公演の開催、そしてデレステでイベント「Secret Daybreak」 が開催されていた時期です。

それから1年と考えると、時間が経つのは早いですね。

このブログの毎日1記事更新を途絶えさせたのも昨年の秋頃でした。

その頃から、使える時間と体力・気力について考えることが増えています。

 

最近ではシンデレラガールズの展開自体は追えているのですが、曲を聴き込むことやコミュをチェックすることができなくなっており、のんびりと言うのがピッタリという感じの歩み方になってきました。

 

 

そんな状態ですが、特別な日にはやっぱり張り切って色々なことをやりたくなってくるのは今でも変わりません。

そのおかげで本日もこうしてPCの前に座っています。

それではそろそろ本筋に取り掛かるとしましょう。

 

その前に1つ。

 

 

シンデレラHNY開催決定おめでとう!

私は配信からの応援になると思いますが、新たなステージを楽しみにしています。

 

 

 

 

余談

今日がドンピシャお休みと重なって良かったです。

運の良いコトに7月1日と31日に続いて本日もお休みでした。

代わりに8月10日はあまり何かできませんでしたし、次にブログを書きたい12月16日はお休みじゃないんですよねぇ…。

それでは前の休みにやりたいことをやるのがベストなのですが、気まぐれで計画的な行動ができないのはあの頃から変わりません。

そんなことを考えるたびに自分らしいなと笑っています。

橘ありすの誕生日を祝いたい @2020

本日、7月31日は橘ありすさんのお誕生日です。

おめでとうございます。

 

 

今年のバースデーカードはこんな感じに。

 

 

ちょうど1年前に開催されたイベントでの報酬です。

本日の流行曲にも「夏恋 -NATSU KOI-」が選ばれていましたね。

個人的に、この姿のありすは新鮮味がありました。

本人が将来なりたいであろう"クールな大人の女性"に近付いた姿。今後も本人の目指す場所へ到達できるように、その手助けができればいいなと思います。

 

 

ありすについて、ずっと書こうと思いつつ、ブログの更新頻度が落ちたために書けていなかったトピックがあります。

それは、7thライブツアー大阪公演での「in fact」について。

大阪公演のBD発売まであと2週間ほどに迫っていますし、そちらで改めて噛みしめてから書こうかとも思いましたが、おそらく今の機会を逃したらずっと書けないままになってしまうことでしょう。

ほぼ半年前のことながら、今でも心に刻まれているあの時間について書くことで、誕生日の記念とお祝いに代えようかなと思います。

 

 

まず、7thライブツアーでは最初の公演地だった幕張にて、ありすのソロ2曲目である「to you for me」が披露されていました。

ありすを演じる佐藤亜美菜さんのこの時のステージは、それまでに「in fact」を披露してきた時と同様、多くの人の心に刻まれたと思います。

私もそんな中の1人であり、あのステージで覚えた感動は他に類を見ないものでした。

一方で、感動すると同時に、こんな想いも浮かんできました。

 

 次に「in fact」が披露される時はどんな見せ方になるんだろうか?

 

何も言えずにしまいこんでいた女の子は、"あのね"と心の鍵を開いて自らの声で想いを届けられるようになりました。

この変化を経た上での「in fact」は、当時の自分の中で想像ができませんでした。

ただおぼろげに、10年くらい経ってから当時の自分を振り返りつつ歌って欲しいな、そんなありすの姿を見たいな、でも年をとれないシステムの関係上どうやっても見ることができないものだな、みたいな不思議な諦観を持っていました。

 

 

時は流れて2月の大阪公演。

ロック公演ということ、そして幕張でソロ曲を披露しているということで、ありすのソロ曲という面では全くのノーマークでライブに臨みました。

そして始まるアコースティックコーナー。

もはや当時の心情を完全に思い出すことはできません。

ただ、「薄荷-ハッカ-」のイントロの時点で「in fact」もここで披露される可能性があるんじゃないかと頭をよぎった記憶があります。

大阪公演は初日LVで、2日目のみ現地参加の予定でした。そのため、披露するなら明日にして欲しいとも思っていたような…。

終わってみた今となっては、確かに現地で聴きたかったとも思いますが、あの姿に立ち会えた感動の前では些末なことだなと感じています。

 

それはそれは本当に温かい「in fact」でした。

生演奏、しかも「to you for me」の編曲を担当した滝澤さんによるアレンジも加えられたことにより、今までとは一線を画する「in fact」になっていたと思います。

この曲は、誰かと歌うことも無くずっとありす1人だけで披露されてきましたし、それを強調するように、5thでは一緒にいるのが椅子だけ、みたいなMCもありました。

この大阪での「in fact」は、初めて誰かと一緒に届ける「in fact」です。

これまでも演出にこだわってきたからこそ強調できることですね。

 

当時の私は、歌っている佐藤さんの姿を見て、まさに私が半ば諦めていた未来のありすの姿をみることができたんだと感動しました。

素直に自分の感情を伝えることができなかった女の子を、大きくなった遠くの未来から慈しみながら歌っている姿だと思ったのです。

この感想は、しばし時間を置いてから変化を見せました。

佐藤さんが見せてくれたのは、心の鍵を開けて第2章を迎えた橘ありすであり、私が未来のありすだと思った姿は、現時点で成長中のありすなんだろうな、と。

私は勝手に、年を経ないと過去は振り返れないと決めつけていました。

もしかしたら、私自身が今になって過去の自分について色々と振り返ることができているからなのかもしれません。

しかし、私と、橘ありすという進み続けるアイドルとでは進むスピードが違います。

自分の目標を持ち、たゆまぬ努力を重ね、周囲の人々から刺激を受け続ける彼女なら、今の時点で当時のありすのことを想いながら「in fact」を歌えるだろうなと思う様になりました。

この辺りは、改めてBDで大阪の「in fact」を見てから自分がどのように感じるのか楽しみにしています。

 

 

次に「in fact」を披露する時までに、ありすはどんなことを経験し、どのようなことを感じるのか。

また次の感動を味わうためにも、これからのありすが歩む道を共に進みながら、彼女の変化と成長を見守っていきたいです。

 

改めてこれからもよろしくおねがいします、橘ありすさん。

よみがえりました

約1ヶ月ぶりの復活です。

その理由はお察しの通り、メインの記事をこの後書き上げたいと思ってます。

 

 

本日はお祝いの日ということで、前日にショートケーキとロールケーキを1つずつ購入し、それぞれ日付が変わる頃にお祝い第1弾、朝を迎えてから第2弾として食べようと思っていました。

7月1日と同様、この31日もちょうどお休みの日が被っていたので、少々夜ふかしをしようが問題無し!

日付が変わったら、バースデーカードを作成し、誕生日に合わせてMVやコミュをのんびり眺めようと計画しておりました。

しかし、とある配信を見ている最中にガマンならずお酒を飲んでしまった結果、12時を迎える前に一旦寝落ち。

気付いたのは時計の針が12時から45分ほど進んだところでした。

その時間からは気分をお祝いに持っていく気が湧かず、素直に朝を迎えてからお祝いの1日が始まりました。

 

ここのところ休みでもなかなか気力の湧かない日が続いていたんですが、やっぱり今日みたいに目的意識があるとかなり違った過ごし方ができますね。

甘いものを食べ、お昼間は少し買い物にも出かけ、そして今はパソコンと向き合う。

改めて、そんな日々を提供してくれるアイドル達に感謝を覚えた1日でした。

 

 

まさに毒にも薬にもならないようなお話ですね。

これを前座兼文章を書くリハビリとしつつ、本題の方にとりかかっていきます。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

速水奏の誕生日を祝いたい @2020

本日、7月1日は速水奏さんのお誕生日です。

おめでとうございます!

 

 

こちらが今年のバースデーカードです。

スクショは「AnemoneStar」より。

 

 

日付が変わる前にスクショを撮影しておき、0時を回ってすぐにカードを作成したのですが、他の方が作ったカードを見ていると、[夜を脱いで、一小節]の特訓前をそのまま採用しても良かったなと思いました。

せっかく一年越しにお迎えできたわけですからね。

そんなことを思う一方で、やっぱり[エンド・オブ・ザ・ブルー]の衣装が大好きだという自分の気持ちをそのまま形にしたカードは、やっぱり私の一番表現したいものなんだろうなと思います。

 

 

昨年の誕生日は、モバにて月末ガチャで登場中でしたね。

現在、その[朱夏の果実]はちょうど復刻中。イベントのパワー持ちでもありますので、みなさん是非お迎えしましょう!

しんげきでの登場も含めて、あの水着姿から1年が経ったのかと思うと、この1年は本当にあっという間だったなと思います。あっという間…毎年同じことを言ってる気がしますね。

例年ならブログで一年の奏の登場や楽曲について振り返るところですが、この1年は奏の登場について毎回ブログで追っていたわけではなく、これまでのような誕生日記事は難しいです。

そういうわけで、今年はシンプルに、私が一番好きな奏の1枚について書きます。

これまでにも何度か語っていますので、十分にご存知な方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

f:id:Mister-P:20200701200958p:plain

[カタルシスの華]速水奏

GWにファンへの感謝を伝えるお仕事の際、一通のお手紙を見て沖縄の離島へと向かうことを決めた奏。

お仕事の合間、南国で存分に羽根を伸ばしているのがこちらの奏。この後のシチュエーションこそ異なりますが、やっぱり[夜を脱いで、一小節]と似通った状況です。

都会の喧騒から離れて、解放感を味わう奏。

ゲーム内で初めて日光の下に出た奏がプロデューサーに語る胸の内は、是非ご自分の目で確かめていただきたいですね。

 

本来なら背負わなくても良い自覚を背負い込み、自分を制御している17歳の女の子、それが速水奏だと思います。同時に、高い理想を実現させることができてしまう女の子でもあります。

それは誰かに課せられたことではなく、奏が憧れ、自分自身がやりたいと思ってやっていることです。

求められる速水奏の表情を健気に見せ続けるのが偶像としての速水奏

そんな彼女が南国の解放感に包まれて、屈託の無い笑顔で笑う姿が好きです。

無邪気な笑顔を浮かべる彼女を知っているからこそ、アイドルとしての表情を見せる速水奏をずっと見ていたいと思いますし、応援したいと思うのです。

 

そんな満開の花を連想させるような笑顔を見せてくれるのは、[カタルシスの華]の思い出エピソードだけ。

いつか、奏の笑顔を引き出してくれた沖縄をのんびりと味わいに行きたいなと思っています。今は時勢が許さなくても、またのんびりと旅行ができる日が来ることを願いまして、本日はこのお祝いの場を締め括ろうと思います。

 

 

速水奏さん、改めてこれからもよろしくお願いします。

後1ヶ月くらいの内に届くはずの[ミスティック・ドーン]のフィギュアが楽しみ!