カナシブリン

主にシンデレラガールズについて思った事をつづっていきます

7月25日 アニ雑団感想

 サイコミTVの方を書いていたら眠くなって翌日に持ち越してしまいました。夏は体力がガンガン削られるのが辛いです。

 

 

 さて、今週のアニ雑団。

れいちゃまさんのイベントはシンデレラガールズのライブに現地、あるいはLVで参加の方は無理ですね。ただ、色々な声優さんがいらっしゃってすごいイベントになりそうだなと思います。

福岡といえば、この日のカッターさんのネイルはライブ用ですかね。結構カラフルな色をしていたので印象に残っています。普段アニ雑団の時はそこまでネイルをしているイメージは無いので、多分そうかなと思いました。

 

 

今週のゲストは葉山いくみさん。

ちょこたんを含めたれいちゃまさんと3人の繋がりで調べてみたら、「外神田ジュエルス」というユニットで活動していたそうです。後で少し名前も出ましたね。

もう少し詳しく調べてみると、自分が知らなかったニコニコの歴史が1ページ。新しいコンテンツを定着させるってのは難しいものですね。そして魅力あるものを創るってことも難しい。

 

葉山さんとれいちゃまさんは、やりとりからすげー仲良い感じが伝わってきました。結構遠慮なくものを言うところも多かったですね。

 

 

最初のコーナーはゲストに何でもアンケート。

料理はたまにやるとのこと。余り物から何かを作れるのって結構憧れます。

私も以前は気が向けば料理していたのですが、気まぐれすぎて食材の買い出しが難しく、まとめ買いができないので食費が少し高くつきました。

たまに、の頻度で残り物から色々創るってのは結構憧れますね。

 

幽霊は昔好きで、現在は封印中。番組でも言われていたように、確かにあまり聞かないパターンかも。

まあ、実際の霊体験があれば封印しようと思うのも無理はないですね。私はまだそんな体験をしたことは無いですが、きっと心霊体験をしたら一生怖い話を調べようとは思わないと思います。

 

 

続いてのコーナーはアニ雑談。

声ダメ5に新規加入メンバーですかね…。まさか追加されるメンバーの可能性があるとは思っていませんでした。でも、考えてみれば他にも素養を持つ人はたくさんいそうですね。

 

金曜ロードショーは、確かにカットもありますが、映画を見る機会としては程良いと思います。

今年の春に、コナンの迷宮の十字路を久々に見ましたが、その懐かしさが良かったですし、ここがカットされたんだな、というのも分かって面白いです。ちなみに、気付いた限りでは博士のクイズコーナーがカットされていました。

 

夕方アニメは、一番印象に残っているのがガンダムSEEDだと思います。これは毎週見てましたね。ウェブダイバーもほぼ毎週見ていたと思います。ウェブダイバーは時間さえあれば見直したいです。

後は、アニメではないですが、ウルトラマンコスモスメビウスもよく見ていました。メビウスは夕方よりも少し早い時間に放送していたので、なかなかリアルタイムで見られなかったんですよね。録画もよく使っていたのですが、ウルトラの父の回を見逃したのは残念でした。

 ネクサスとマックスは多分朝に放送していたと思うんですよねぇ。どっちもある程度は見ていたと思います。

 

あと、葉山さんが薄幸そうな雰囲気はすげーわかります。どこがそう感じさせるんでしょうか。でも、その雰囲気を持つ人っていますよね。

 

 

最近は以前よりも頻度の増えたお悩み相談室。

カラオケねぇ…。私だったら、これも特撮ですけどdoaさんの「英雄」はそんなに違和感ないんじゃないでしょうか。他だったら夕方アニメとも通じますけど、T.M.Revolutionさんは結構イケると思います。

仲間内で行くなら遠慮なく「ウルトラマンレオ」とか歌うんですけどね。レオって連呼するのがめっちゃ楽しいです。

 

 

 来週はお休みで、再来週のゲストはのぐちゆりさん。

この前私もどこかで少し話した宣材写真のお話が出ました。確かにMC2人も今と宣材の雰囲気はかなり違います。1周年で番組ビジュアルが新しく撮り直されたのは、より今の雰囲気に近づいて良かったなと思います。

 

 

一週空くのは寂しいですね。

昨日こそイレギュラーでしたが、わりと火曜日の夜は1つの流れが出来上がっているので、その時間に何をするか悩みます。

多分ライブ後の感想を書いてるかな?どーせまた遅筆になることでしょうし、空いた時間はきっちり使いたいですね。

サイコミTVにてU149Pの声優が発表!プロデューサーの声優は米内佑希さんに決定!

サイコミTV#1にてU149第1巻特装版付属のドラマCDにて登場する、プロデューサーの声優が発表されました。

 

担当されるのは米内佑希さんという方です。

どうぞこれから宜しくお願いします。

 

ちょっとWikipediaを覗いてきましたが、自分がわかる役がなかったので説明ができないですね。

ただ、番組内で少しだけ聞けたプロデューサーの声はとてもよく馴染んでいました。なんでしょうね、駆け出し感と絶妙に低すぎない声の感じでしょうか、この辺りが合っていると思った理由だと思います。

また、ありすとの言い合いも聞いていてスッと入ってきましたし、実際に家で全編を聴くのが楽しみです。あの掛け合い、ラブコメとかでありそうですよね。

 

実際の商品も放送で登場しました。特装版は、本当にアニメの時のBDそっくりのパッケージです。お洒落ですし、番組で言っていた通り、飾りたくなるのもわかりますね。

 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149(1) SPECIAL EDITION (サイコミ)

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149(1) SPECIAL EDITION (サイコミ)

 

 

 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149(1) (サイコミ)

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149(1) (サイコミ)

 

 

 

放送では他にも発表がありました。

まず、シンデレラガールズのゲーム内で、U149の3話でアイドル達が着ていたビラ配りの衣装が、ぷち衣装として、期間中にログインした方全員にプレゼントされます。

期間は第1巻の発売日から今年の大晦日までなので、まず貰い忘れることはないでしょう。

ありすの着ていたあのアリス衣装はすごく好きなので、実際に着せられるのが嬉しいですね。

 

続いて、単行本第1巻の発売を記念して、U149のアドトラックが秋葉原などの街を走ります。

 期間は7月31日から8月13日。秋葉原の他、池袋、そして最終日のみ国際展示場も走行します。

そしてトラックからは橘ありすソロの「お願い!シンデレラ」が流れるとか。できれば一度生で拝みたいですね。期間中東京に行く予定は無いので不可能なのですが。

 

 

店舗特典は他のところでも発表されていましたが、このブログでは触れていなかったので、ここで話したいと思います。

 ゲーマーズの赤エプロンありすにすごくひかれるんですよね。自分はイベント応募のために先にアニメイトで予約していましたが、本格的に2冊買いも視野に入ってきました。

アニメガの3人もいいですしねぇ…なかなか贅沢な悩みです。これだけの数を描き下ろしてくれた廾之先生には感謝しかありません。

 

 

番組内での発表はこんなもんですかね。

では続いて、サイコミTVを見ての感想を少し。

始まって少しの間は、初めてということもあってか少し手探り感がありましたが、どんどん雰囲気が定着していきましたね。

シンデレラガールズの番組ではありませんが、いつものシンデレラ感を出しつつ、作品についても色々な話を聞けました。

廾之先生の色紙にもビックリしましたね。あの人、どれだけ描き下ろすんでしょうか…。そりゃあ休載も納得です。番組もTwitterで実況していましたし、終了後にはこんなツイートまで。

他3人を描いている様子も動画にしてくれています。こうして見ると、プロはすごいなと思いますね。命が吹き込まれていく姿が鮮明に伝わります。この色紙欲しいなぁ。

 

トークでは結構あさかさんが印象に残っています。わりと大人しめなんですけど、3話で会場の外にいたアイドル達と3rdを見ていた自分を重ねた話や、泣きながら読んだ話は心に響くものがありました。

そしてものすごく千枝ちゃんっぽさを感じる仕草がとても可愛かったです。絵で顔を隠したりとか、ちょっと周りのノリに付いていけなかったりとか。

きっと次回はU149以外の作品からゲストが呼ばれるでしょうから、しばらくはこうしてじっくりとU149の話を聞く機会は無いと思いますが、またゲストに呼ばれる事があればまた見たいと思います。2時間弱が全く長く感じませんでしたね。

 

 

もう1つ。今回は改めてサイゲームス、ひいてはサイバーエージェントの大きさを感じます。今日はニコニコ生放送の他に、独自の配信コンテンツの「FRESH!」というアプリでも配信していました。

配信アプリといえば、今日の出演者のツイートを見る限り、配信はおそらくAbemaTV関連のスタジオでやっていたようですし、ゲーム配信専門の「OPENREC」もサイバーエージェントの傘下だったはずです。動画配信だけでもこれだけありますし、今回はコミックのアプリ、そして単行本へとその手を伸ばしています。

ずっと勢いがあり続けるというのはどこの世界一でもありえないことですが、今のこの勢いは本当にすごいですね。そのお陰で、新しいアイドルが輝く舞台を見られていると思うと、これを応援しない理由は全くありません。

これからも頑張って欲しいです。

U149第15話 特別編 感想&休載特別イラスト

本日はサイコミTVにてプロデューサーの声優も発表されますね。今週末は新たなお話にも入るでしょうし、その前に前回の感想を書きます。

 

 

今回は個人のお話の間に入る恒例の特別編。

表紙からいい仕事してくれますね。
f:id:Mister-P:20170725172644j:image

眼鏡好きな自分にはたまらんです。そして眼鏡といえばもちろん上条さん。後ろのポスターにしっかりと写っています。

 

最初のお話は「えんそく」。

観劇って遠足なんですかね…。学校行事の1つな気がします。そこは流石お嬢様学校ということでしょう。大変高尚な遠足です。

私の小学校では毎年春に新入生歓迎の山登りがありましたね。全校が100人強くらいで、10班に別れて登っていました。当時は毎年楽しみでしたねぇ。

 

続いては「スマイル」。

プリンセス小春ちゃんがかわいいお話です。ほんわかな雰囲気ってそれだけで十分な取り柄だと思います。

千枝ちゃんはこの前の表紙の裁縫といい、何でも結構そつなくこなすイメージですね。しかも優しい。やっぱりU149にはいい子しかいません。

 

私も苦手でした、「読者感想文」。

辛辣なありすと若干ズレがある晴ちんのお話。ありすの突っ込みがキレッキレです。ありすの読書感想文も読んでみたいですね。どんなことを感じながら読んでいるんでしょうか。

晴ちんはがんばれ。ルールブックでもきっと感想文は書けるはず。何を感じるかはわかりませんが。

 

続いては「ただの水だよー」。お話の内容をタイトルで明かしていくスタイル。

前回でしばらく出てこないかなーと思った志希があっさり登場しました。リアクションがいいですし、晴ちんは志希のいい遊び相手になれそうですね。

背景のポスターはしっかり全身が写っているはすみんよりも、若干見切れているヘレンさんの方が目立つ不思議。流石世界レベル。

 

最後は「おはなしの日」。

当然といえば当然のはずなんですが、プロデューサーがパソコンを叩いている姿が見られます。事務仕事をしている姿がこれまでなかったので、ちょっと新鮮です。

薫ちゃんにお話しをせがまれたら、いくらてをも話したくなりそうです。聞き上手とはちょっと違いますが、好反応をいくらでも返してくれそうです。

一方の桃華は理路整然として話してくれそうなので、この2人のトークは相当弾みそうです。トークショーにしても面白いかも。

 

 

この4コマの特別編もそれぞれの日常が見られて面白いですね。背景にもアイドルが登場しますし、それを探すのも面白い。アイドルじゃないですが、前にはコーヒーマンも登場しましたね。あれ、すずえりさんプロデュースのコラボTシャツにデザインされているらしいですね…。

 

 

続いては先週公開された休載特別イラスト。

今回はアイスを食べている千枝ちゃんでした。この前の休載特別イラストがビートシューターで、その後から晴編が始まりました。つまり次は佐々木千枝編…?

どんなお話になるか楽しみですね。

 

 

そして今週末はいよいよ第1巻の発売日。私は日曜日に受けとる予定なので、すぐに手元にこないのがもどかしいです。

さて、プロデューサーはどんな声になることやら…。

 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149(1) SPECIAL EDITION (サイコミ)

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149(1) SPECIAL EDITION (サイコミ)

 

 

 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149(1) (サイコミ)

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149(1) (サイコミ)

 

 

VR「EDIT LIVE」モード第7弾アイドル追加のお知らせ

http://idolmaster.jp/blog/?p=31359

 

昨日のデレラジ☆にて、PSVR用コンテンツ『アイドルマスター シンデレラガールズ Viewing Revolution』内の「EDIT LIVE」モードにて第7弾で追加されるアイドルが発表されました。

本日から追加され、「お願い!シンデレラ」を踊っている姿を見られるようです。

 

スクショのイブがホントに綺麗ですね。パーティータイムゴールドもよく似合っていますし、その美形っぷりがよくわかります。

 

 

このペースだと後2回ほどの追加で全員が揃いそうですね。私はまずVRを買えるほどの余裕が欲しいです…。

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

5thライブツアー 首都エリア 幕張公演感想 セトリ編

キャスト編の感想はこちらから。

 

0810-mister-p.hatenablog.com

 

さて、この記事では曲について書いていこうと思います。キャスト編とは違って、一部のみとなっています。

 

  • Radio Happy

ソロのトップバッターとしてめちゃくちゃ盛り上がったこの曲。昨年に続き素晴らしいパフォーマンスでした。特に、事前情報の無かった初日は驚きと喜びの入り混じったすごい歓声でしたね。

静岡公演では同じく井上拓さん作の「Romantic Now」がソロの頭で登場しました。こちらもパッションのとても盛り上がる曲ですね。福岡では、作者は違うんですけど「SUPERLOVE☆」がここに来るんじゃないかと思っています。同じパッションで、コールも多く、かなり盛り上がる曲ですからね。しかも4thのFuture Castleでも「Yes! Party Time!!」に続いての披露でしたし、その流れの踏襲にもなります。

 

  • あいくるしい

メンバーが変わると、やっぱり聞こえてくるものも変わってきますね。

石川で牧野さんが担当した「特別じゃないけれど」からを、この幕張ではりっか様が担当。特に2日目はあそこの歌い方がとても心にきました。まゆが自分の感情に任せた歌い方だとすると、紗枝はんは押し隠したもの打ち明けるような感じだったと思います。個人的な考えですし、石川で大坪さんが言っていたように、聴く人によって感じ方は大きく変わってくると思います。

 

  • in fact ~ この空の下

この流れに関しては感想キャスト編のみーなさんのところでかなり書きました。そちらも良ければご参照ください。

3rd、4thを経ての「in fact」は震えましたね。お預けやら天候の妨害を食らった分余計にね…。ありすに関して、「in fact」に関しては、毎回ストーリー性を強く与えてあるように思います。次に披露される時はどんな形になるんでしょうね。

 

  • 命燃やして恋せよ乙女

幕張にて初披露となったこちら。本来ならセリフが入る間奏の部分は、今回のメンバーに合わせて特別版だったようです。CDでどうなっているか楽しみです。

今回の3人のそれぞれの口上はよく合っていましたね。美優さんが自分からはっきりと「流されやすい」と言うのを聞くのは初めてかもしれません。

 

  •  Nation Blue

今回のこの曲はそれぞれの個性が良く出ていて面白かったなと思います。それに、やっぱり凛の歌声があると全体の聞こえ方の印象が変わりますね。

2つに分かれる所は、凛・周子・ありすと千枝ちゃん・美優さんで分かれていたと思うのですが、後者が特に面白いくらい合っていたと思います。

普段はあまり属性曲で特に何かを思うことって少ないのですが、今回は属性曲がどの曲も様々な見え方がしました。

 

  • SUN♡FLOWER

5公演目ということで、今回はパッションのしんげきEDテーマのこちらが初披露されました。

めっちゃ楽しかったですね!とても明るい曲調で、アップテンポで、まさにパッションといった曲。ライブでは絶対楽しくなるだろうとは思っていましたが、想像以上でした。

ダンスもとても可愛く、それぞれの動きが頭の中に残っています。「ずっとずっと」のところはホント最高でした。るるかわポイントでしたね。

 

  • Snow Wings

メンバー的に多分あるんじゃないかなと予想していたこちら。今回のツアーらしく、とても面白いメンバーでした。

セクシーギャルズもこうしてステージ上で揃うのは初めてですからね。その後のMCも含めて、3人のユニットへの想いが伝わってきました。

 

  • メルヘン∞メタモルフォーゼ

まりえってぃ本人のパフォーマンスも良かったですが、映像演出やダンサーさんにも面白いものが見られましたね。

ウサミン砲は思った以上に無骨で兵器缶がありました。ちょっとメルヘンとは程遠い。

ダンサーさんは倒れている時のインパクトがね…。2日目は思いっきりカメラで抜かれていました。カメラワークは今回ホントに感謝です。初日に見どころと言われたり、反響があったところについて、2日目はきっちり映してくれています。

 

  • With Love

今回フルが初披露されました。衣装にも驚きましたが、どちらかというと、曲の初めて聴いた部分の方に驚きました。

イベントで聴けた部分以上に、結婚式が強く意識してあり、オルガンの音色だったり、最後の2人で共に歩んでいこうみたいな感じだったり、フルはかなり印象が違うと思います。どれもそうですが、こちらもCD化が楽しみな1曲です。

 

  • Take me☆Take you

3人ともCDのオリメンなのですが、狙いすまされたかのような好キャスティングだと思いました。

初参加のさやさやを、経験豊富な飯屋さんとまりえってぃが固める布陣が良かったです。すごく今回のツアーらしいなと思いました。

映像も青空が印象的で、とても爽やかでしたね。5thニコ生の時はそこまで明るいイメージが無かったので、新鮮で良かったです。

 

  • Tulip

ぶっちゃけメンバー全員が揃うSSAまでは披露されないものだと思っていました。ここで歌っていたメンバーについてはキャスト編で書いたので割愛します。

この曲で感じたのは、会場の盛り上がりの別格さですかね。流れてきた時のボルテージの上がり方は他の曲では中々出ないと思います。実際、会場でイントロが流れた瞬間は私もテンションのゲージが弾け飛ぶかと思いました。ホントにキラーチューンです。

ただ、会場がオレンジばっかりになるのはすげー違和感です。もっと紫とかピンク系統のライトが増えてくれると嬉しいなと思います。

 

 

はい、ライブが終わってから2週間以上が経過して、ようやくセトリ編の記事が書き終わりました。

たくさん見どころもありましたし、色々と考えることもありました、その中でどんな表現を使って、どう自分が感じたことを文章にしていくかは未だにうまくいきません。

ただ、それでも私が何より感じているのが、このライブを作りあげているキャストさん、演出家さん、スタッフさん、ダンサーさんへの感謝です。これは、個別に書いていく中ではうまく組み込めないものなので、最後にここに書かせてもらいました。

今週末は地方公演の締めくくりとなる福岡公演。そこでのセレンディピティに向けて、関係者さんはたくさんの努力をしてくれていることでしょう。

初めて現地へと行ける今回、改めてこの感謝の気持ちを持って向かいます。

 

 

 

ライブの感想は生声の動画にもしてあるので、よければこちらでもご覧ください。終了直後なので感情のブレもあるかもしれませんが…。


シンデレラガールズ 5thライブツアー 幕張公演 初日感想


シンデレラガールズ5thライブツアー 幕張公演 2日目感想