カナシブリン

主にシンデレラガールズについて思った事をつづっていきます

5thライブツアー 静岡公演 感想セトリ編

幕張公演まであと2日になっています。結構遅れ気味ですが、このペースで感想が書きあがるのは私の平常運転。改善は必要だとは思いますが。

 

さて、この記事ではセトリ編と銘打ちまして、曲についての感想を書いていきます。こちらは一部の曲にしぼっての感想です。キャストさんごとの感想は以下へどうぞ。

 

0810-mister-p.hatenablog.com

 

  • Romantic Now

今回ソロのトップバッターとなったこの曲。ここまでの公演ではセンターに立ったアイドルのソロ曲がトップバッターになっていたので、意表を突かれた形になりました。

とても盛り上がる曲ですし、YPTが終わってMCで一息ついた後の会場のテンションは再びマックスに。LV会場でもその熱気は凄かったですね。歌う2人も元気一杯で、最高に楽しい1曲でした。

 

  • き・ま・ぐ・れ☆Cafe au lait!

周年ライブでは初めて1人での披露となったこの曲。私の言葉ではうまいこと表しきれませんけど、このタイミングで初めて1人で披露したことは、とても大きな意味があったと思います。

この曲については、感想キャスト編のあっさむの所でも少し書いています。

 

  • Heart Voice

石川以来各会場で披露されているアニメ2期曲。静岡では「Heart Voice」「心もよう」が披露されました。そこでしか楽しめないアイドルと曲の組み合わせがあります。ここでも各アイドルの歌声が曲にとても合っていました。クールは1人いましたけど、キュート極振りみたいな歌声です。

 

  • 心もよう

この公演では2曲目となるアニメ2期曲。しまゆきさん、嘉山さん、村中さんのメンバーで、初出演2人と4thからの参加1人のとても新鮮な構成に。

それぞれの歌声が会場に響いてとてもキレイでした。また、それぞれをアップで映していた後ろのモニターがいい味を出していたと思います。LV会場だとはっきり表情はわかりますけど、現地だと遠い人はなかなか見えないと思いますし、表情にも注目したいこの曲でアップが見えるのは嬉しいと思います。

 

  • shabon song

3rd以来の披露となったこの曲。デレステのイベントで歌った3人が揃い、会場にシャボン玉を飛ばしました。初日はカメラで全く映されなかったのですが、2日目はシャボン玉が後ろへと飛んでいく様子を示すライトがきっちり映っていました。持論ですけど、やっぱり2日あるライブは両日見てこそ完成するものがあると思います。

 

間奏にある掛け合いを誰が担当するのか楽しみにしていたこの曲。女の子役は春菜、ピアニスト役は軍曹でした。意外でしたけど、なかなか面白いなと思う組み合わせです。

幕張からはパッションの「SUN♡FLOWER」に切り替わると思うので、しばらくライブでは聴けなくなりますが、また次に披露される時はどんな組み合わせで披露されるか楽しみです。

 

  • LOVE∞DESTINY

昨年神戸、石川に引き続き披露の3人に加え、志貴さんとしまゆきさんを加えての今回。加わった2人もあの腰の動きや、横へ行きながら体を上下させるアレとかをきっちりこなしているのが凄いですよね。

大好きな曲ですし、まだまだ渕上様やそらそらが歌っている姿は見られていないので、こちらもいつか見られる日が来るといいなと思います。

 

 

他の曲についてはキャスト編でほとんど話していますね。

ここのところは毎日が濃くて、どんどん以前の公演がかなり前のことのように思えてきます。

大阪からはほぼ1ヶ月、宮城からはほぼ2ヶ月と考えると、あっという間に過ぎていったなと感じますね。このとても幸せな時間はあと1ヶ月ほど。1公演1公演を楽しみたいですね。