カナシブリン

主にシンデレラガールズについて思った事をつづっていきます

5thライブツアー 静岡公演感想 キャスト編

本当にどの公演でも、ツアーのタイトル「Serendipity Parade」が示すような奇跡の時間を過ごさせてくれますね。それに対する感謝の気持ちを込めながら、キャストさんそれぞれについての感想を書いていきたいと思います。

 

この静岡公演ではセンターを務めたるーりぃ。初日、全体の中央にそのスラッとしたシルエットが見えた時はLV会場でも大きな歓声が上がりました。初期から様々なイベントに出演してきて、舞台の上でも影でも活躍してきた彼女がそこに立っている姿は、やはり感慨深いものがあります。まだまだ色々な人にあそこからの景色を見て、知って欲しいなとも思います。

「Jet to the Future」と「Sparkling Girl」は石川から引き続き披露。今回彼女の歌っている姿は本当に楽しそうで、最高の表情でした。細かい理屈とかは全て置き去り、ただ、そう思いました。あれを何と表現するかというと、それはきっと「ロック」なんでしょうね。

エチュードは1曲だけ」では、とにかくセクシー。大阪で中央にいた真礼さんとは違う良さでしたね。2人とも、そこにいる事がすごくしっくりきました。李衣菜はラブデスも歌いましたし、歌う曲の幅がどんどん広がっています。その幅を広げたのは間違い無くるーりぃですね。

最後の挨拶の時に見せたその背中はとても頼もしかったです。あの時映像を見ていた人ならわかってもらえると思うんですが、あの説得力は尋常じゃなかったです。ロックなステージをありがとう。

 

ツアーにはこの静岡からの参戦なんですよね。4公演が終わっても、過去何度もライブに出演されたキャストさんにまだまだ未出演がいることには、規模の大きさを感じずにはいられません。

今回は昨年SSAでも披露した「ニャンと☆スペクタクル」を披露。昨年は早口言葉が終わったところで判定の時間が用意されていましたが、今回は無しでCDと同じものが初披露されました。

MCや初日最後の挨拶で触れていたように、今回は今までと少し変わったみくの姿でした。黒猫だったり、髪がポニーテールでなかったり。本人は触れなかったと思いますが、髪も一部をピンクにしていましたね。コールも「にゃあ」から「にゃん」になりました。こういう所になつ姉さんのみくへの想いや考えが窺えますよね。

「ハイファイ☆デイズ」はちびっ子2人組と一緒に登場。みくがここに入っているのは、アニメ前半で莉嘉みりあと一緒にいたイメージが強かったのですんなりと入ってきました。猫での登場良かったですね。

MCでは独特の存在感があります。存在感と言ったら語弊があるんですが、トークのスタイルが他の人と全く違うんですかね。自分で何か言ったり、人に突っ込みを入れたりした後にするあの笑いがクセになります。2日目の利きお茶対決での仕切りも良かったです。表現としてはマイペースが一番正しいのかな。

 

もよちーもツアーは静岡公演が初参加。フルではなんと1st以来となる「Romantic Now」をソロ曲のトップで披露しました。よく考えたら私はフルで見るの初めてなんですよね。3rdではメドレーでの披露、4thでは神戸もSSAも披露せずでした。SSA2日目のLVで隣の方が、ロマナウ見たかった、と言っていたのもよく覚えています。

なっぴーと披露した今回。やっぱりね、まんまみりあなんですよ。ステージ上で跳ねまわっている姿、そして表情。最高と言うほかありません。1曲目からクライマックスでした。

MCでは「みりあもやーらない!」など、フリーダムに振舞っていました。そこを含め、MC中もほとんどみりあっぽい振舞い。逆に、その中でビックリしたのが2日目の最後に見せた涙。インタビューなどで語っているように、もよちーは自分の何かをみりあに反映させないために、黒沢ともよとしてステージ上で振舞うことってあまり無かったように思います。だから、ああして挨拶で涙を流す姿を見るとは思いませんでした。そこで話していたように、るーりぃの存在感は本当に大きかったんでしょうね。

 

石川公演で披露した「空と風と恋のワルツ」「LOVE∞DESTINY」に加え、静岡では「shabon song」を披露。3rdでるるきゃんと歌って以来ですね。本当にかわいかったです、はい。ちょっと他に表現が思いつかないですね…。ただ、MCで話していた、女の子を応援する、という解釈はなかなかアリだなと思いました。ずっと好きだったこの曲に新たな見方が生まれて嬉しいです。

MCでは、他のテンション高めな人にツッコミを入れるところが目立ったと思います。でも、2日ともなつ姉さんのしっぽをつついているところは可愛かったですね。いじっているようにしか見えなかったのですが、キャストさんたちの話を聞いていると、あれは位置を直すためだったらしいですね。ちびっ子たちのは完全に遊びらしいですが。

そして最後の挨拶はやっぱり泣いていました。石川がボロ泣きだったからか、こちらでは話すためにタオルをとりに行く場面も。

今年個人衣装があるかはわかりませんが、SSAでは昨年着られなかった個人衣装を着られるといいですね。

 

石川ではセンターを務めた牧野さん。静岡では少し引いた所からみんなを支えている印象を受けました。最後の挨拶でしまゆきさんに声を掛けている所とかね。ただ、2日目最初のMCでのサルの笑い声の話では、久しぶりにやさぐれを見た気がします。なかなか迫力がありました。

曲では「Heart Voice」に驚かされましたね。まゆが歌う、という部分もそうでしたが、歌いだしの歌声を聴いた瞬間に鳥肌が立ちました。本当に綺麗で、曲がまゆによく合っていたと思います。さらに後半の「LOVE∞DESTINY」では何度見てもゾクッとする表情をしてくれます。アンリミテッドは国宝にしたい。

お願い!シンデレラ」ではなつ姉さんと一緒に、大阪でるるきゃんとれいちゃまさんが見せたCho Cho Trainを見せてくれました。2人がやっているところに、さらに人が入ってくるのも良かったですね。

 

安野さんはホントカッコいいですよね。普段喋っている時はおっとりした印象を受けるのですが、夏樹としてステージに立つと全く印象が変わります。2日目の私のLV会場ではすぐ後ろに座っていたデュンヌさんからの黄色い歓声が上がっていました。

今回も「Jet to the Future」「Rockin' Emotion」を披露。それぞれ、るーりぃ、はらぼうと抜群のコンビネーションでした。この2曲は石川、静岡と披露されて、1つの完成形に達したと思います。どちらも最高にロックでアツいステージでした。

「純情Midnight伝説」はフルには初参加。そういえば神戸は2番からの登場だったなと、MCで聞いて思い出しました。あの衝撃のステージも間もなく映像で見られるのは嬉しい限り、というか、サプライズ登場だった安野さんをPVに登場させる判断に驚きました。

最後の挨拶についてはこちらの記事で少し書いています。未だにうまいこと説明できる気がしません。

 

0810-mister-p.hatenablog.com

 

石川では披露されなかったフレデリカのソロ曲「き・ま・ぐ・れ☆Cafe au lait!」を1人では初披露。本人はソロで歌うのは初めてと言っていましたが、アイマス外部のイベントでは今年の冬に一度歌っています。その時はかなり歌い辛そうだったのが、今回は格段に進化したパフォーマンスでした。

あっさむについてのもう1つの気付き。「Heart Voice」「パステルピンクな恋」の2曲で感じたのは、曲による声の雰囲気の違いです。気まぐれは、完全にいつものフレデリカだなと思うのですが、上2曲は少し歌声の雰囲気が違うように感じました。いつもの能天気さを感じるフレデリカの声と、アイドルをしているフレデリカの差なのかなと、勝手に解釈しました。石川のSweet Witchesでも似た感じだったかもしれません。どっちの歌声もいいですよね。ザ・キュートなフレちゃんで本当に良いです。

2日目最後の涙は本当に驚きましたね。今まで1人で披露したことが無かったことを気に病んでいたそうです。確かに、ソロ曲を初披露する時は基本的に1人での披露となることが多いですが、気まぐれは3rd以来、2回の周年ライブではいずれも劇団フレちゃんとして複数人で披露していました。あの涙にはこちらも感じ入るものがあります。

シンデレラガールズに参加して以来、あっさむは少しずつ自分らしさを見せていけるようになったのかなと思います。本人も人見知りだとよく言いますし、ダンサーさんと一緒に写真をとるのも今まで自分から言い出せずに、今年初めて言えたそうです。デレラジでも、昔は心を開いている感じがしなかった、とスタッフに言われたことを明かしていました。表側から見ただけでは全くわからないんですけどね。

そんな中で1つ転機だったんじゃないかと思うのはうえきちゃんです。あの辺りからP側もあっさむのキャラがわかってきました。今回も猫のポーズを不機嫌そうな顔でやっていたり、若干の毒舌が入ったりのところがあっさむらしいと私は思います。もし、それが素で出てきたものであるならば、シンデレラガールズがあっさむにとってそんな場所になって良かったなと思います。

 

今回歌った曲で特に良かったなと思うのは「心もよう」です。あのしっとりとしたバラードに軍曹の力強い歌声が加わって、より良さが引き出されていたと思います。あの歌声は芯の通った強さがあっていいですよね。きっと軍曹のソロ曲は勇壮だったり、かっこよかったりするんでしょうけど、しっとりした曲もいいんじゃないかなと思いました。

「純情Midnight伝説」では、はらぼういわく、いつもの知将から、この日は里奈ぽよの可愛いパートも担当。色んな良さがありますね。

特徴的だったMCでの喋り方もなかなか印象に残っています。あの選挙演説みたいな喋り方と、一緒につく挙動が面白かったです。初日は利きみかんジュース対決の仕切りも務めました。ここでは農園の恵み事故もなんとか乗り越え、青島ネクターについて伝えてくれました。事前に聞いていないものが出てくれば誰だって驚きますよ。おかげでどちらもライブ後に大量に売れたとか。

 

相変わらずのパワフルな歌声はかっこいいです。静岡では石川に続いて安野さんと共に「Rockin' Emotion」、さらに、ゲーム同様のセンターで「純情Midnight伝説」も披露。純情はあそこにはらぼうがいるとすごく安心感があり、力強さを感じます。また、ロキエモでの夏樹と拓海の組み合わせは何度でも見たいです。ツアーで2度も見られて良かった。

MCで印象的だったのは2日目のはじめに、牧野さんから夜中の笑い声が賑やかだったと言われていたところです。むっちゃ恐縮しまくった後に笑って、「あの笑い声だよ!」と言われたところは本当に面白かった。あの笑い声が横で響いていたらなかなか寝られなさそうですね。

 

春菜の出身地静岡での凱旋公演となった今回。その為、みかんジュース利きの選手に選ばれてしまいました。ただ、2日間通して唯一の正解者なのは凄いです。あそこの3属性のくだりは最後にネタ潰しをるーりぃに食らっていました。でもあの後も続けざるをえないですよね…。

曲については、MCで話していた「攻撃力」について意識しているのが伝わってきました。石川では「Nocturne」「生存本能ヴァルキュリア」とクールな曲が多かったですが、この静岡では「Heart Voice」「shabon song」と一転してキュートな曲が多かったです。特に「shabon song」は可愛さが出るように意識して歌っているのが伝わりました。公演によってここまで歌う曲の雰囲気が変わるのも面白いですね。「エチュードは1曲だけ」で女の子のセリフを担当したのも、このキュートさの表現の1つでしょうか。

 

キャストさんたち、主に安野さんからも大人気のなっぴー。みりあと薫の組み合わせで、参加した曲の全てでもよちーと一緒でした。もよちーのパワフルさもすごいですが、なっぴーの元気いっぱいな姿もとても愛らしかったです。一緒に猫のしっぽで遊んでいる姿もあの2人っぽい。

「Romantic Now」はなっぴーが振付についてかなりプロデュースしたそうで、もよちーからの感謝の言葉がありました。本人もずっと歌いたかった曲らしく、歌えて嬉しそうでしたね。あれだけ盛り上がるパフォーマンスを作り上げてくれて本当に感謝感謝です。

 

  • 青木志貴さん 

昨年は相当なインパクトを残した志貴さんの静岡公演はなかなかのハードなセトリでした。「LOVE∞DESTINY」から「共鳴世界の存在論」はかなりキツイですよ。ラブデスはダンスも激しくて独特ですし、オントロジーはソロでこちらもかなり叫ぶ曲です。さすがにオントロジーの後半は辛そうでしたが、その姿も体全体で存在を証明しているように見えて良かったと思います。

本人が意外だったと言っていたように、その数曲後には「純情Midnight伝説」に参加。この曲を歌う飛鳥は想像したことがありませんでしたが、とてもかっこいい姿でした。特に初日は、私のLV会場ではこの曲で飛鳥にソロパートがあるたびに歓声が上がっていました。

飛鳥が静岡出身ということで選ばれた利きお茶では、まるで飛鳥本人のようなセリフを繰り返していました。よくキャラを掴んでいるのか、元から親和性が高すぎるのか…。

 

毎回出演の度にその凄さを見せてくれることみん。私はことみんが出演するときは必ず注目しています。今回もやっぱり凄かったですね。

「秘密のトワレ」は声の伸びもその表現力も感嘆します。本人の話によると、その日の気分に任せて歌っているらしいです。その方が志希らしいんじゃないか、とのこと。確かに志希っぽい。また、津田さんが指摘した「ごめんね」の後の笑顔は、私も見ていて鳥肌ものでした。よくぞそこに触れてくれた、超わかる、みたいに、あそこのMCはLV会場で1人、内心盛り上がっていました。

素の状態で低い声を響かせて会場がどよめくのはもはやお約束。本人もそのことに言及していましたし、その存在感から牧野さんに「うちのボス」とも呼ばれていました。声の切り替えもお見事。やっぱりあの声で歌いこなせるのが凄いですよね。「Heart Voice」にしても、あの志希の歌声で聴けたのがとても嬉しかったです。

 

シンデレラガールズのライブに初出演となった嘉山さん。珠ちゃんらしく、最初の紹介では竹刀を振る様子を見せてくれました。曲では「心もよう」「純情Midnight伝説」に参加。「心もよう」はその歌声をしっかりと聴く初めての機会でしたが、まっすぐな声がきれいに響いていました。声量も十分でしたし、2人との声のハーモニーも良かったです。「純情Midnight伝説」ではカッコいいメンバーに囲まれて、可愛い歌声が目立ってましたね。あれでも修行帰りの設定です。

MCで印象的だったのは利きみかんジュースで外した後に先輩にしたとてもキレイなお辞儀です。ちょっと深いですが、流石礼儀を重んじる剣士、といったところでしょうか。また、初日最後の挨拶では涙を見せる場面もありました。大阪の新田さんもでしたが、やはり初めて大きいステージに立った後は、翌日のステージがあっても緊張が抜ける方も多いのでしょうか。あの姿はなんだか初々しかったですね。

 

  •  中島由貴さん 乙倉悠貴役

こちらもシンデレラガールズのライブに初出演のしまゆきさん。本人が所属しているユニットではかなりの場数も踏んでおり、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、かなり期待していました。

結論から言うと、想像以上でした。まずは「追い風Running」。ここが初披露となったこちらの曲。ダンス、歌、表情のどれをとっても完璧だったと思います。動きはキレッキレ、さらにめっちゃかわいらしいし、乙倉ちゃんそのものみたいでした。ショートパンツスタイルなのも良かったですよね。そういえば静岡はパンツスタイルの方が他の会場に比べると多かった気がします。

続いて「心もよう」。純粋に見える瞳が曲に合っていました。真ん中の一番高い所で歌っている姿はとても清らかで清らかで…。

そして「LOVE∞DESTINY」。初めて歌い、踊るこの曲ですが、独特なあのダンスがばっちり決まっていました。なかなか意外な選出でしたが、あのパフォーマンスを見ていると納得です。

鮮烈なデビューで、非の打ちどころも無い完璧な姿にかえって恐怖を覚えるほどです。これからまだまだ伸びていきそうですし、今後も楽しみにしています。

 

 

毎度毎度キャストさんの感想は、出演経験の古い順から書いていき、一部ひねりを入れて書いているわけですが、今回は誰を最後に持ってくるかを悩みました。結果として、今までで一番出演経験順になりました。

安野さんかあっさむ、ことみんを最後に持ってこようかとも思ったのですが、やはりインパクトの大きかったしまゆきさんが最後を締める形に。

 

なんでこんな形式をとるかというと、私は順序を決めるのがあまり好きではありません。ただ、その中でも感じ方には差があったり、自分の好みのあったりします。その妥協点として、ちょっと不思議な順番になることが多いです。

この静岡公演では、古顔の存在感と、比較的最近からの参加となった方たちのバランスが最高で、とても素晴らしいステージになったと思います。だからこそ、今回はこの順番が最もあっていたと思いますね。少し本筋からずれた話をしました。

 

 

さあ、次はセトリ編。こっちはサクッといきます。

自分の遅筆が嘆かわしい…。