読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナシブリン

主にシンデレラガールズについて思った事をつづっていきます

SSA初日後編 ~構成のうまさを感じる~

このページは下の続きです。


SSA初日 ~カワイイボクの登場まで~ - カナシブリン

 

大サプライズの後は3rdのクローネパートを踏襲した流れから始まります。

 

第四回総選挙入賞5名によるAbsolute Nine。

MCでも触れられてましたけど、この曲が一番衣装がバラバラで、デレステっぽさを感じました。

昨年に引き続き歌ったルゥさんは、明らかに去年より歌い慣れて声がよく通っていましたし、原さんの声量もすごかったです。このかっこいい曲に負けないくらい全員かっこよかったです。

 

続いて始まるダンスパート。Absolute Nineの後にあのダンスを見て、すぐに昨年の流れを思い出して喜びました。今年は昨年よりイントロがさらに長くなったと思います。ダンスパート中に中央のビジョンで奏のシルエットが滑らかに踊っている姿まで見れましたし、ダンサーさんはかっこいいし、曲が始まる前から満たされ始めてました。

そして流れるよく知った部分。Hotel Moonsideが始まります。今年は青木さん、千菅さんも一緒に登場し、飯田さんと3人での素晴らしいホテルでした。

飯田さんは昨年より増したかっこ良さと色気を見せながら、堂々として、貫禄を感じました。

青木さんは飛鳥くんらしさを感じましたし、千菅さんはやはり歌がうまいと思いました。二人とも曲の雰囲気に全く負けず、はっきりと自分達の存在感をアピールしていました。

 さらに会場上部ではライトによりキラキラと星の様な輝きがかかり、パワーアップして帰って来たこの曲を彩っていました。

 

この2曲が続いたということは、当然次はあの曲です。

みーなさんのin fact。こちらも去年に負けず劣らずの素晴らしいものでした。曲が終わった後、唯一声が上がらず、ただ会場全体が拍手で称えていました。

終演前のあいさつでは去年よりも成長できた自分について話し、この人がありすの声をあててくれて良かったなと思いました。

 

バラードが続き、次はあいくるしいです。

昨年は牧野さんがいなかったので、オリジナルでの披露は初でした。

この曲で特に際立ったのは牧野さんのすごさでしたね。とても伸びやかな歌声で聴いていて浄化されるような気がしました。

何度も聞きたい、そう思える素晴らしい歌声でした。

 

ここで一気に曲調が変わり、生存本能ヴァルキュリアが始まります。今回のメンバーは、オリジナルで歌った3人と、ソロ曲無しのメンバーです。

いつかオリジナル5人でも聞いてみたいとは思いますが、今回この面子で聞いて、代役で歌っている人達と歌詞がリンクしている部分にすごく感動しました。

一番印象に残っているのが原さんと金子さんが「ようやく見つけた 私の世界で」と歌った所です。拓海と里奈も、アイドルという輝ける場所を見つけられたと歌っているように聞こえて、歌う人による新たな良さを見つけられて良かったなと思います。

 

続いてLunatic Show。本来は小梅と輝子が歌っているんですが、今回はさっつんの変わりに金子さんと村中さんが参加しました。

この曲で一番記憶に残っているのは桜咲さんが歌いながら、手を頭の上で回しながらピョコピョコはねていたところです。ホントかわいかったてす。桜咲さんは小梅の雰囲気を持っていて、本当に小梅が居るような感覚になります。

村中さんの歌声も力強く、本来の輝子が曲にもたらす雰囲気を損なうことなく、違った一面を見せてくれました。

 

Tulipは、この日一番楽しみにしていた曲です。るるきゃんこそいませんでしたが、オリジナルで聞けて本当にうれしいかったです。

飯田氏のあの色気はすごいと思います。これから何回も見たいですし、何回も聞きたい。そして、その度にまた新しい変化や進化、成長を見ていきたい、そう思いました。

 

ユニット曲が続き、純情Midnight伝説。このメンバーでの披露は神戸以来2回目だと思うんですが、既に見ていて安心感があります。演者さんが楽しそうに歌っていることが大きいと思いますし、やっぱりユニットの構成もうまいんだろうなと思います。これからも色んなユニットが新曲を歌ってくれるでしょうから、毎回ライブ毎に楽しみがどんどん増えていきますね。

 

ユニット曲最後はハイファイ☆デイズ。ここのサプライズは卑怯ですよ。

自分の予想でも言ったんですけど、この前の2曲がサプライズの可能性が大きいと思っていて、その中でサプライズが無かったので「さすがにサプライズは1人だよね」と純情の2番あたりで思っていたんですよ。その後に久野さんの登場ですから本当にビックリしました。しかも久野さんはライブ出演は難しいという噂も聞いていました。そんな中出演してくれて本当に感謝です。

当然コールにも気合いが入りますよね。この後も含めた2曲はお祭り騒ぎみたいでしたね。今井さんも春瀬さんも元気一杯で歌ってくれました。

 

久野さん登場ということで、みんなのきもちがライブ初披露されました。

皆さんすごいですね。なんの前情報もなくきた曲にもきっちり合わせてました。曲がそういうテーマですけど、みんなでやるからこそ楽しいんですよね。自分もなんとかついていきました。

この時青木さんがあの衣装で猫の手を着けて踊っていたのは少し不思議な気分でしたね。もし飛鳥がその仕事をふられたら、最初は渋りそうです。そんな飛鳥も見てみたいですが。

 

一回目の幕引きはGOIN'!!!。アニメ曲なのでこの日は聞けないかなと思っていたのですごく嬉しかったです。

この曲はお願い!シンデレラの次くらいにライブに欠かせない曲になっていると思います。夢は終わらない、ライブの最後にはピッタリですよね。

 

一度全員下がった後は当然アンコール。

そして再びちひろさん登場。まさにBrand Newなお知らせをたくさん持ってきてくれました。

 

そしてアンコール1曲目は新曲EVERMORE。

新曲がライブで初披露されるのはテンションが上がりますよね。EVERMOREは少し落ち着いた感じがありますし、最近の全体曲では珍しいと思います。直近がYes!Party TimeとBEYOND THE STARLIGHTだからか、新鮮さも感じました。5周年記念の、これからもいつまでも続けようという曲だと思います。それに応えられる様にこれからもシンデレラガールズを応援していきたいなと思います。

 

全員それぞれからのご挨拶はわりかしあっさりめでした。後の話によると時間もちょっと押し気味だった様です。

そして最後はもちろんお願い!シンデレラ。原点にして、最高の楽曲。アンコール枠の最後という立ち位置に納まった感もあります。サプライズを含めたキャスト全員で歌い、観客はコールで応える。その中でこちらは今回も最高だったなと振り返る。この曲じゃないとできない役回りですね。

 

最後の号令は桜咲さんから。とてもかわいい号令でライブは締められました。

 

 

長々と1曲ずつ感想や後から考えた事を書いていったんですけど、書き終えてまず自分の文章力、表現力の無さを感じました。もっとうまく表現できたと思うところもあるんですけどそれが思い付かないのが悲しいところです。

 

 

SSA初日は新しい風が吹いたこれからの可能性を大きく広げるライブでしたね。新しく参加する人が多い分、桜咲さんや牧野さんなどは安定感を感じましたし、昨年の参加者はより成長した姿を見せてくれました。

MCも回す人を決めずに色んな人がトークの中心となり、曲毎に色々な話を聞かせてくれました。2日目と比べるとMC自体も少し短めでしたし、 経験の浅さを感じさせない様な構成でした。ただ、開始早々の原さんのカンペ読みは本人のキャラもあって笑ってしまいました。それも大事な個性ですからね。

 

 

飯田氏のあいさつからもじって、輝く女の子達の成長を見届けていきましょう!

 

さて、2日目の感想に取りかかりましょう。次はもっとうまく伝えたい。