読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナシブリン

主にシンデレラガールズについて思った事をつづっていきます

SSA初日前編 ~カワイイボクの登場まで~

シンデレラガールズ全体 ライブ 声優 感想 野球

SSA初日の感想を綴っていきたいと思います。

初日はBrand New Castleというテーマで、初出演のキャスト、初めて披露する歌、今までに無かった演出と、本当にテーマ通りの、名前に負けないステージになりました。

 

開演前から絶対特権などで会場のテンションはすでに高まっていました。

そして始まるちひろさんの注意事項。緑のサイリウムがすごくきれいに会場に広がります。

開門前の本日のお城紹介では最初のサプライズがありました。

シュガシュガスウィーティの声で盛り上がる会場。

なんと総選挙でボイスの付いたシュガハさん、三船さん、森久保、よしのんがナレーションで登場しました。

いやー、まさかここで声を聞けるとは思ってなかったですね。特にシュガハさんは初めての時よりキャラに近づいた印象を受けました。

 

そしていよいよ開幕です。

ライトがついた瞬間に、それぞれの個別衣装の姿が現れ、会場から大歓声が上がり、しばらくどよめきが止まりません。

そんな中始まったのはBEYOND THE STARLIGHT。この曲の間は衣装のインパクトに持っていかれて、歌があまり頭に入ってきませんでした。

神戸の後で、fullだと歌詞でかなり攻めた事を言っていると聞いたので、歌詞に注目しようと思っていたのですが、そんなことはすっぽり頭から抜け落ちていました。

デレステ1周年で公開されたこの曲。新しいスタートにはピッタリの選曲でした。

早くCDを…

 

そして自己紹介を一人ずつしてくれました。昨年は曲の中でキャラと一緒にキャスト名の表示でしたが、今回はMCでそれぞれあいさつしてくれました。

このときにそれぞれの衣装が割りときっちり見ることができました。

2日間共通してですけど腋がすごくきれいに見える衣装が多かったと思います。目覚めそうでした。

 

続いては全員でのsnow wings。MCでもあった様にこれからの季節にピッタリのこの曲。

デレステで初めてのイベント用新曲で、発表されたのはほぼ一年前の3rdでした。その曲がこうして歌われることになるとは感慨深いものがあります。

オリメンだとニュージェネ、上条ちゃん、唯ちゃんですけど、コミュの中で、自分達が代表として選ばれたという一節を思いだし、この曲が全体で歌われたのは、シンデレラ全体の誰が歌ってもいい曲なんだよ、という意味なのかなと思いました。

 

そして次に来たのはパッションのメンバーによるFlip Flop。

こんなに早い時間にこの曲が来るとはだれも思ってなかったんじゃないんですかね。

振り付けの中には全員が連なって行進という初めての試みもありましたし、なによりみんな笑顔がとても印象的でした。

いつかオリジナルや、未央を加えたポジパでも聞いてみたいですね。

 

続いて恋のHamburg。種崎さん初出演トップバッターとして登場です。

フライ返しを持ってのダンスにその歌声は響子ちゃんをイメージするには十分です。

響子ちゃんが作ったハンバーグが食べたい。

 

青の一番星は昨年も良かったですけど、今年は一段と良かったです。

演者さんも以前からしたいと言っていたさえしゅう、羽衣小町が初めて二人で歌いました。

りっかさまは2ndでも赤の衣装が似合ってましたけど、ルゥさんもあの青の袖付きの衣装がすごく似合っていました。去年の衣装も含めて、ルゥさんはすごく衣装映えする人だと思います。赤と青の二人が歌い、踊る青の一番星。最後の背中合わせでそれぞれ扇をしなやかに舞わせる姿は最高に心にきました。

 

まさに新世界の扉を開いた。そう思わずにはいられなかったのは、共鳴世界の生存論でした。

初登場の青木志貴さん。声が決まった時は経歴からそれなりに話題になりました。今回のライブを見る限りでは大成功のキャスティングだと思います。

サビの一部では少し音楽に負けていましたが、全体的には十分の声量でオントロジーを歌い上げましたし、立ち居振舞いは飛鳥くんそのものに近かったです。

LVの映像では一番の中でセピア調の演出となったのも驚きました。曲にマッチしていてとても良かったです。

 

きまぐれ☆Cafe au lait!は昨年に比べさらに演出が進化していました。演出万能サイキックによるテレポートでパリへ飛び、そこで繰り広げられる軍曹と早苗さんの寸劇に笑わずにはいられませんでした。最後は蜂の巣にされてましたけど。

あっさむさんも終始笑顔で歌い、楽しさがこちらに伝わってきました。あっさむさんもこれからシンデレラのライブを支えていってくれる1人だと思います。

 

続いてはエブリデイドリーム。今回は下地さん、みつやすさんを加えての披露。

神戸では最高としか言い様の無いパフォーマンスを見せてくれた牧野さん。SSA初日では数少ない昔から声をあてている1人として、貫禄を感じました。

この組み合わせは、今回限りのものでしょうし、貴重ですね。

 

そしてBloody Festaはこの日唯一のSM曲となりました。曲名の血祭りが示す通り会場には赤いサイリウムの海が生まれました。桜咲さんが年上とは思えないくらいかわいく歌うんですよね。

この曲の時の後ろのビジョンもなかなか激しい映像で曲を盛り上げていました。

小梅はかわいい子ですけど、かわいいと、Bloody Festaみたいな曲ってあまり近づけられないと思うんですよ。でも、こうやって自分のイメージするやりたいことをやれていると思うと、小梅なとても幸せなアイドル生活を送れているんじゃないかなと思います。

 

続いてはお散歩カメラ。何度見てもいいですよね。今回は子ども二人を引き連れてのお散歩。歌の中でやりとりしている姿がすごく良かったです。

この曲でもLVではいい演出がありました。金子さんのパシャッに合わせて映像の中でシャッターが切られたんです。SSRやN+のシーンを思い浮かべますよね。

 

お散歩でゆるふわになった後はお花畑が待っていました。木村さんのlilac timeは今回が初披露でした。相場ちゃんの優しさ、元気さがあふれるこの曲を笑顔で歌ってくれた木村さんはとても素敵でした。

 

明日また会えるよねはこの日初めてのト…馬車で移動しながらの披露でした。

ああやって近くに来てくれるとすごく嬉しいですよね。いつか現地で、近くで見たいと思います。

 

続いて始まったのはRadio Happy。山下さんの唯ちゃんの声は本当に脳がとろけそうになります。あの声でずっと歌ってくれて、それをずっと聞いていられるのは幸せだなと思いました。

ダンスでも開始早々ダンサーさんとchocho trainが入っていましたし、この曲も今までとは違った曲でとても新鮮でした。

 

Radio Happyが終わった直後、メインステージに1人の女性がバットを持って現れ、センターステージには特効服を纏った女性が現れます。3点ビハインドのキャッツは9回裏、満塁と起死回生のチャンスをつかみ、左打席に姫川が、対するヤンキースのマウンドには向井。姫川は向井のチェンジアップを、タイミングをずらされながらも捉え、打球はファンの思いをのせスタンドへ届き、逆転サヨナラ満塁ホームランとなる。

昨年衝撃的だったあの野球勝負の演出を今年もしてくれたのはとても嬉しかったです。今回は投手役に原さんを迎えての勝負。まこさんは去年以上に設定を練り込んできてましたね。

野球が終わった後は会場全体からものすごいコールが上がった気持ちいいよね一等賞。今年も足がすごく上がってました。

まこさんも去年からさらにパワーアップした姿でした。髪もユッキと同じハネをつけて、まさにユッキそのものの様でした。

 

ここで最高潮かと思われたテンションは次のCan't Stop!!でさらに上がります。こちらも昨年に引き続き登場の和気さん。今年は去年より多くの人数を引き連れ、出演者にも人気のジュリ扇を使ったダンスを見せてくれました。

コールが楽しい曲なんですけど、自分は覚えきれていないのでついていくことができなかったので次回以降少しでもできる様になりたいですね。

Can't Stopを一緒に踊ったのはりっかさま、飯田氏、金子さん、すずえりさん、千菅さん、山下さんでした。LVの映像では見えないシーンも多かったので、今年もBDのマルチアングルに期待しています。

 

MCを挟んでパッションゾーン最後はきみにいっぱい。こちらも馬車での移動でした。

神戸ではダンスにるるきゃんが苦戦していたという話もあったので、馬車の上での披露は少し負担軽減に繋がると思いました。

パッション全開でしたね。

 

続いて恋色エナジー。9弾組では最後の登場でした。歌った下地さんは1日通して緊張している様子が見受けられましたが、逆にその固さが有香ちゃんぽくて良かったです。空手の型も見事でした。

 

キュートが続いて次は花簪。3rdでは一番だけだったので四季の変化を最後までしたのは2年ぶりですね。

りっかさまは普段からは考えられないはんなりをいつも見せてくれます。はんなりに限らず、本人の引き出しが多く、様々なことに対応できる人だと思っています。

今回の花簪は牧野さん、種崎さんとの披露となり、キュートあふれる花簪でした。いつか、今年と逆に羽衣小町での花簪も聞いて見たいですね。

 

そして多くの人が地声とキャラ声での違いに驚いたであろう藍原さんの秘密のトワレ。

自分はニコ生で初めて聞いてビックリしましたね。あのイケボから志希の甘い声が出るなんて中々想像できないですよ。最初のMCでの自己紹介の時から声が変わった所でどよめいてました。

人前で秘密のトワレを歌うのはおそらくワンホビ以来の2回目だと思います。動画で見た限りあの時の藍原さんは、緊張もあったでしょうし、曲が難しい事もあってか今一声が出せていない様な印象を受けました。

しかし今回SSAでは志希の衣装をまとい、完璧に志希になっていました。志希の奔放さ、つかめなさがにじみ出ていたと思います。

この秘密のトワレは期待していた中で、もっとも期待以上だった曲です。見るたびにどんどん成長している印象を受ける藍原さん、これからもっともっと素晴らしいものを見せてくれると思います。

 

喝采の後は咲いてjewelで再び馬車が回ります。期待していた人も多かったのかUOを焚いている人がかなり多かったですね。

この曲はデレステでも独特の譜面で、ファミ通のプレイして楽しい楽曲でも上位でしたし、かなり人気の様です。

飯田さんが、この時かっこよく決めようとして手を振ってばかりだったと言っていましたが、一瞬映った時はポーズが完璧に決まっていてすごくかっこよかったです。

 

続いてサイキックテレパシー。今回は和気さん、山下さんと一緒でした。後ろには雫も写っていましたね。

相変わらずの元気さでユッコを表現していました。

今回曲中のサイキック演出はスロットだったので、あまりサイキックぽさを感じす、拍子抜けしていたんですが、今回のサイキックにおいて本番は、終わった後の召喚でしたね。過去最高のサイキックでした。

 

召喚された後、カメラが引いて、会場にピンクのライトが数本かかっていたので、キュート曲だとはすぐに気づきました。しかし、この時点で出演者のソロ曲は全て終わっていて、戸惑いました。

そんなところに、ステージ下からカワイイあの人が飛び出してきました。

ホントにビックリしました。竹達さんはライブには出ないものだと思っていましたし、今までのサプライズから、曲の途中じゃないとサプライズの人は出てこないという先入観もあったんです。だからビックリしましたし、同時に事前にアホみたいな予想を書いた自分を反省しました。

ライブが終わった後も少し書きましたけど、シンデレラガールズは私達が考えていることを軽く飛び越えて、はるかに素晴らしい驚きと感動を与えてくれるんだなと知りましたね。

登場自体に驚いてTo my darling…とNear to Youは何を見たのかほとんど覚えていません。

ただ、竹達さんが全体曲の真ん中で歌って踊っていたということだけは覚えています。Near to Youは幸子が参加した楽曲ではないですし、1から覚えてくれたと思うと本当に感謝しかありません。

 

 

SSA初日の大きな山場を越えた所で一度区切りたいと思います。

この後も書きたい事は一杯ありますし、一度に大きいことを何個も書くとどんどん印象が薄れていくと思います。

ライブ中でも感じたのですが、1つの曲が終わって、ここ良かったなーや、こんなにすごいんだーと思っても、次の曲がインパクトを持ってやってくるので、感じたことが吹っ飛んでいくんですよ。

だからこそセットリストを作ってくれる方々には感謝ですね。