読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナシブリン

主にシンデレラガールズについて思った事をつづっていきます

「アイドルマスター」シリーズ×パ・リーグコラボ開催記念M@STER PRODUCT 春夏コレクション発表会ニコ生での発表事項

http://idolmaster.jp/blog/?p=29310 以前より告知されていましたアイマス×パ・リーグのコラボ詳細の他、M@STER PRODUCTの新商品についての発表がタイトルのニコ生であったようです。詳しくは上のページをご参照ください。 この記事では、というかこのサイト…

4月18日 アニ雑団 感想

4月も半分を過ぎてかなり暖かくなってきましたね。プロ野球も火曜日のカードでリーグ内の対戦が一周したようです。 そのプロ野球の話題とSSA公演の話から始まった今日のアニ雑団。ライブの話はまた別のところで書いています。 シーズン跨いだのにヤクルトは…

4月4日 アニ雑団 感想 本日は1周年記念2時間スペシャル!

先週2時間スペシャルと言われた時は気づかなかったのですが、丁度放送時間がシンデレラガールズ劇場と被ってたんですね…。 まあ、色々あって劇場の方はリアルタイム、アニ雑団は後日視聴に。後でわかるのですが、被ることに対する心配はあまり必要無かったよ…

3月28日 アニ雑団 感想

平成28年度の放送は今回が最後ですね。今回は記念すべき50回目。前番組が終了しているのを見ると、4月からも引き続きアニ雑団を見られる事を大変嬉しく思います。 4月末に開催される一周年&たび雑団DVD発売記念イベントのチケットが完売したそうです。結構早…

3月14日 アニ雑団感想

3月もそろそろ半分が過ぎ、少しずつ気温も上がってきました。春が近付きつつある中で、昨日のアニ雑団でも春がテーマのイラストがいくつか送られてきていましたね。 今日はれいちゃまさんがWBCを見ていたところから始まります。番組内でも何回かWBCの話題が…

2月21日 アニ雑団感想

毎週火曜日22時はアニ雑団のお時間です。本日もリアルタイムで見ることが出来たので早速感想を書いていきます。 本日のゲストは高橋美佳子さん。私の知っている作品だと「ハヤテのごとく!」シリーズの西沢さんですね。活動期間も長く、ベテランの域に入った…

2月14日 アニ雑団感想

今日はバレンタイン。私は何も収穫がありませんでした。 さて、アニ雑団ですね。 冒頭で触れられていたように今日はるるきゃんとなつねぇの誕生日でした。おめでとうございます。るるきゃんは何歳になったんでしょうね。 本日のゲストはれいちゃまさんの愛犬…

2月7日アニ雑団感想

今回は遅くなりましたがアニ雑団の感想です。火曜日は帰宅したら既に23時を回っていましたね。そのまま数日視聴しないまま週末へ。ようやく視聴できました。 前回はふーりんがゲストで大変盛り上がった1時間でしたね。今回は桃井はるこさんをゲストに迎えて…

12月20日 アニ雑団感想

昨日はアニ雑団開始時間までに帰れなかったので、先週より始まった無料視聴で見ました。これがあると楽ですね。無理をして帰らなくてもよくなりました。 本日はクリスマス会。カッターさんはTwitterでアンケートをしていたようにポニーテールにサンタの服で…

12月6日 アニ雑団感想

12月になって最初の放送です。寒くなったこともあってか、2人とも少し暖かそうな服装でしたね。カッターさんは本日も眼鏡オフスタートでした。半分過ぎたところでのCMが終わったところでは装着。なんだか落ち着きますね。 私も久し振りにマリオパーティーや…

11月29日 アニ雑団感想

ここのところすごく忙しかったのですが、アニ雑団の時間には無事帰れたので今週も感想を書いていきます。 さて今週は珍しくメガネオフでカッターさんが登場しました。 上条さんが来ちゃう!と思った人もきっといるでしょう。 オープニングではお疲れ様なのか…

11月8日 アニ雑団感想

今週もやってきましたアニ雑団のお時間です。 今週は相坂優歌さんをゲストに迎えての1時間でした。 まずは冒頭、ふーりんのブログでの出演したい発言を拾いました。確かにとてもおもしろい時間になりそうです。どんな蒼発言が飛び出すのでしょうか。 今日触…

SSA初日前編 ~カワイイボクの登場まで~

SSA初日の感想を綴っていきたいと思います。 初日はBrand New Castleというテーマで、初出演のキャスト、初めて披露する歌、今までに無かった演出と、本当にテーマ通りの、名前に負けないステージになりました。 開演前から絶対特権などで会場のテンションは…

プロ野球とアイドル

セリーグCS1st第3戦、とても熱い試合でした。 横浜DeNAベイスターズCSファイナル進出おめでとうございます。 まさか嶺井があそこで打つとは思っていませんでした。まさに火の出る様な当たりでした。そこにたどり着くまでに両軍チャンスもピンチも多く迎えま…